スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWにplayして欲しいゲーム-ノベゲ編

明日からGWですが、まだ…間に合うよね?
今回は暇人プレゼンツのノベゲ編です。
個人的に良作だと思うゲームを以下に書き出しますゆえ、参考にしていただけると幸いです。

続きを読む

スポンサーサイト

【訃報】『えむえむっ!』 作者、松野秋鳴さん死去

今日はGW中にplayしてほしいゲーム-ノベゲ編を公開予定でしたが、予定を変更します。

今、私はかなりショックを受けています。
皆さんは『えむえむっ!』というラノベを知っていますか?

ストーリー
高校生の砂戸太郎は、女性に冷たくされたり暴力を振るわれたりすると、快感を覚えてしまうドMの少年。このままでは普通の恋愛が出来ないと考えた太郎は、生徒の願いを叶えてくれるという第二ボランティア部に相談に行く事に決めた。そこにいたのは、神様を自称する、部長・石動美緒と太郎がドMに目覚めた原因を作ったクラスメイト・結野嵐子だった。第二ボランティア部の面々によるドM体質改善作戦で、果たして太郎のドM体質は治るのか!?
wikipediaより引用

この作品は本当にいろんなキャラが生き生きとしていて、読んでいる私達を本当に楽しませてくれました。
MF文庫Jから12巻刊行され、トータルで100万部を超える人気作品でしたが、作者急逝のため未完のまま絶筆となりました。

以下引用

去る平成二十三年四月十八日
「えむえむっ!」等でご活躍されていた
松野秋鳴先生が急逝されました

松野先生は第一回MF文庫Jライトノベル新人賞のご出身で平成十七年十一月に
SFコメディ「青葉くんとウチュウ・ジン」でデビューされました

その後平成十九年二月に二シリーズ目にあたる「えむえむっ!」の第一巻を刊行
松野先生のお人柄そのままのやさしさと笑いにあふれた作風が
多くのファンに愛されるシリーズとなりました
昨年十月にはアニメも放送されたいへんな好評を博しておりました

輝ける才能の持ち主が若くしてこの世を去ったことは私たち編集部一同残念でなりませんが
ファンの皆様に謹んでご報告させていただくと共に松野先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます

up79040.jpg

MF文庫Jより

本当に楽しませていただきました。
一ファンとしてご冥福をお祈りさせていただきます。

GWにplayして欲しいPSPゲーム

さっきまで寝てました。。。
おはようございます、暇人です。

さて、タイトルにもあるようにGWにplayしてみて欲しいPSPゲームです。
もう少しでGWですが、皆さんはどのように過ごしますか?
どこかに旅行にでも行くのでしょうか?
それともどこにも行かずにのんびりと過ごすのでしょうか?

特に何もする予定の無いという人は、ゲームをしてみてはいかがでしょう?
いかに何作か羅列してみますので参考にしてみてくださいな。
RPG編
英雄伝説 空の軌跡FC
mainimg.jpg
導力革命により、人々の暮らしが飛躍的に豊かになった時代。
導力器(オーブメント)と呼ばれる機械仕掛けのユニットから生み出される
神秘のエネルギーは、 飛行船をはじめとするさまざまな技術に用いられ、
日常生活に欠かせない存在となっていた。
同時に、多くの強国は導力器(オーブメント)を用いた兵器の開発にしのぎを削り、
大陸は覇権を狙う国々の思惑で混迷の様相を見せていた。

そんな時代。
列強のはざまで誇りある独立を保つ小国リベールを舞台に、
明るく前向きな主人公エステルは兄弟同然に育ったヨシュアとともに
「遊撃士(ブレイサー)」を目指す。
二人を待ちうける数多くの冒険。人々の想いが新たな時代を切り拓く----。 引用:公式サイト

かなり作りこまれたマップや町、完成度の高いBGM、王道のストーリー。
…ストーリーに関しては賛否両論ですが、人気が高いのは事実です。
この作品はシリーズで展開されており、FC/SC/the3rdとなります。
the3rdはファンディスク的立ち位置、世界観を同じものとする零の軌跡というのもあります。

イースSEVEN
top_20110425223602.jpg
燃えるような赤毛、強く純粋な瞳、そして絶えることの無い熱き冒険心…
後の人々に世紀の冒険家と謳われた赤毛の冒険家アドル=クリスティン。
彼の人生で初の冒険となった古代王国イースを巡る旅からはや6年、
23歳となったアドルは、相棒のドギと共に世界各地での冒険を続けていた。
そんな折、アドルは北アフロカ大陸にあるアルタゴ公国を訪れる機会に恵まれる。
冒険家のアドルにとって、巨大な獣が闊歩するというアルタゴは憧れの地であったが、
ロムン帝国との長きに渡る紛争のため、これまで断念していた場所でもあったのだ。
点在する数多くの遺跡、消えた古代民族、そして謎めいた《五大竜》の伝承…。
多くの謎に満ちたアルタゴを舞台に、アドルの冒険が再び幕を開ける…!          引用:公式サイト

イースシリーズ初のパーティーアクションゲームとなった今作。
フィールドを縦横無尽に駆け抜けて敵を倒していく爽快感はなかなかのものですよ。
20年も続くイースシリーズをPSPで。
お求め安くなっていると思われますですはい。
PV
空の軌跡FC


イース SEVEN


続くとしたら次はノベゲでb
それでは、また。

完成b

手直ししまくってようやく完成。
特にお気に入りのキャラだけにかなり細部にこだわりました。
といいましても、お金はそこまでかけてませんが^^;
多分500円もいってないかな?
製作期間は絵の分も含めると3ヶ月くらいかな?
でもまだまだ納得できていない箇所があるので、次リメイクするときはそこを反映させたいですね。

20110424225019.jpg
・絵が汚れて見えるのはわざとだからね!!
・ガチじゃないんだからね!!

自室の金髪(っぽい)キャラコーナー
左(我が心の師匠)はともかく残りは自作。
………そろそろ飾るところがなくなってきました。。。

もしかしたら友人の誕生日プレ用にまた作るかもしれないので構想を練る日々です^^;

それでは、また。

掛け軸テイストの代償

20110423145808.jpg

………………ッど………どう…し…て、こうなった?
Twitter
解説記事リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム
何かありましたらこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。