ナツウソ -Ahead of the reminiscence- バナーキャンペーン参加中です

ナツウソ-Ahead of the reminiscence-

――人は誰もがウソをつく。
自分を守るための嘘。 自分を否定するための嘘。
自分を誤魔化すための嘘。 自分であり続けるための嘘。
嘘にも種類があって、誰もが嘘をつく理由を持っている。
理由は分からない。けど、嘘をついているのは分かる。
そんな中途半端な能力を持つ少年・櫻井宗一郎。
しかし、その能力を得た代償は必要なわけで。
彼は能力を得た代償を支払うため、数々の依頼をこなし続けていく。
その結果、今では “学園一の問題児” と囁かれるまでになっていた。
「後期課程一年の櫻井宗一郎先輩ですよね」
入道雲を見上げていた宗一郎の瞳に映ったのは―― 敵意の籠った視線を向けてくる一人の少女。
「生徒会所属の 和泉葵 です。 猫の手部の監査をするために派遣されてきました」
それは、一年前の初夏の日。
ふたりは出会い、近付いて、そして……離れてしまった。
――それから、一年後。
紆余曲折を経て、猫の手部にも新入部員が加入。
順風満帆とはいかずとも、それなりに騒がしい日々は過ぎていく。
――そのはず、だった。
「……これは、いったいどういうことなんだ」
一年前に、一度だけ訪れた部屋。
昨晩の記憶を思い出そうにも、激しい頭痛が襲い掛かってくる。
そして隣りには―― いつも、口では自分への憎まれ口を叩く少女が………… 抱きつきながら眠っていた。
それも、なぜか裸で。
追憶の先へ―― 波乱の夏が幕を開ける。

参加中です。
それでは、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
解説記事リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム
何かありましたらこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示