れでぃ×ばと! 13巻【完結】


れでぃ×ばと!〈13〉 (電撃文庫)れでぃ×ばと!〈13〉 (電撃文庫)
(2012/03/10)
上月 司

商品詳細を見る


引用:BOOKデータベースより
一月の従育科試験で、秋晴に想いを伝え、告白をしたセルニア。それを知った朋美は、秋晴に対する自分の気持ちをごまかさずに認め、そしてバレンタインデー当日、秋晴にこう伝える。「わたしと―お付き合い、してくれませんか?」同じ時期。秋晴との仲がギクシャクしていた大地薫は、秋晴から勝負を持ちかけられる。『勝ったほうは、相手の言うことをなんでもきく』という条件の下、これを契機と考えた大地は、ついに決意する。秋晴に自分の本当の姿と、気持ちを伝えようと。その勝負の舞台は、白麗陵高等部一年従育科進級試験だった。さらに同じ時期。秋晴も、決心していた。この進級試験を無事合格したあとに、朋美とセルニアから受けた告白に対する返事を出すと。果たして彼の選択の行方は―。

レビューは追記より。
ネタバレを含む可能性あり。
とうとう完結しましたな。
全巻が出たのがだいぶ前だったので若干忘れ気味でしたが、挿絵を見る限りの範囲で思い出して読みました。

今回の内容は冒頭で腹黒さんがついに行動を起こす。
それについてドリルさんも交えて騒動。
それ以外の面子+薫も絡む。
従育科試験。
告白の返事。

ざっと書き出すとこんな感じでしょうか?
みなさんの興味関心点は結局のところ腹黒さんを選ぶの?
それともドリルを選ぶの?
ってところでしょう。
正直言いまして、ラストの展開は賛否両論だと思います。
腹黒派、ドリル派、その他キャラ派、ハーレム派etc
色々な派閥があるでしょうし、それぞれの派閥の方々を納得させる結末なんて書けないでしょうが^^;
結末がどういう感じになるのかはここでは書きませんので、どうぞ自分の目で確かめてください。

厚さはそれなりにあるし、試験が始まるまではそれぞれのキャラにそれなりにスポットを持って行っているので中弛み感があります。
が、試験が始まってからはその内容もあってか一気に進めると思います。
何はともあれこの巻はすべての行く末、告白の返事に持っていくことを目的としているので仕方がないでしょうが。

作者さんは次作ももう既に手を付けているそうですね。
れでぃ×ばとを今更読む気にはなれないという方はそちらに手を出してみては如何でしょうか?

それでは、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
解説記事リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム
何かありましたらこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示