スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎探訪、愛媛旅行記 その1

帰省してからのごたごたをようやく片づけたので更新です。
今回の内容は田舎探訪、今月頭から1週間愛媛の山奥に行ってきました。
この手の記事はうだうだと書き連ねると長さがおかしなことになるので淡々とリサイズした写真をアップしていきます。
移動手段、写真等は続きからどうぞ。
今回は新幹線と特急を乗り継いで愛媛まで行き、乗合バスで田舎まで向かいました。
帰りは夜行バスと電車、交通費はトータルで1万7千円です。
電車代が大体地元から1万円、乗り合いバスが千円。
帰りの夜行バスが学割料金で6千円です。

IMG_0337.jpg
最初に撮影した新幹線内だと分かる写真です。
旅行中ってテンションが上がって後から見返すと何?……これ。みたいなのを撮っていることがままあります。

IMG_0338.jpg
新幹線で岡山入りした後に特急に乗り換えて瀬戸大橋を通過中に撮影した瀬戸内海です。
瀬戸大橋は上を車が、下を電車が通るドデカい橋だと改めて痛感しました。

IMG_0348.jpg
JR宇和島駅です。
地元の最寄駅を朝の9時に出て、宇和島駅に降り立ったのが15時頃でした。
四国に入ってからは自動改札機がある駅を全く見なくなり新鮮でした。

IMG_0350.jpg
田舎について最初に撮影した写真です。
最寄りのスーパーまで2km、品ぞろえはお察しください、きちんとした品ぞろえのスーパーは10kmという場所ですので。
ラーメンを地元で箱買いして郵送するよりはamazonで購入して届け先を田舎にした方がいいと考え、3箱購入しました。
これでだいたい5千円です。

IMG_0352.jpg
2日目、早朝。
前回帰省した時はひたすら曇り空と天候に恵まれなかったのですが、今回は期間を通して青空でビックリしました。
気温も高く、適度に風もあったのでスギ花粉の飛散が。。。

IMG_0355.jpg
IMG_0356.jpg
IMG_0353.jpg
IMG_0358.jpg
品ぞろえはお察しくださいの最寄スーパーへの道すがら撮影したものです。
川の水の透明度と民家の出現率がどれだけ山奥かを物語っております。
一応携帯の電波は届いたので入門に最適な田舎ですね。

IMG_0376.jpg
田舎探訪。
近所にある神社の階段です。

IMG_0382.jpg
熊野神社は全国の至る所にありますね。
今度帰省する時にはこういうところの歴史とかを調べていくのも面白そうです。

IMG_0384.jpg
階段。
とても急です。
苔が生えています。
夜に訪れるなんてとんでもない。
刑事ドラマの冒頭で階段から転げ落ちてお亡くなりになる被害者さんの心境を理解したくはありません。

IMG_0380.jpg
寄進者の芳名碑です。
某ブログさんによると裏には明治○年と彫られているとかなんとか。
裏までは見なかったあの時の私に誰かどうか怒りの鉄槌を。

IMG_0386.jpg
狛犬です。
左右に一、とにかく歴史を感じます。

IMG_0390.jpg
社です。
前の庭が狭いので中途半端な角度からの撮影です。
聞いた話ですと天文5年、1536年の勧請だとか。

IMG_0396.jpg
村を流れる川に沿って2km程北上したところにある神社です。
名前は黄幡神社だったかな?
前回夏に友人と私の3人で帰省した時は鳥居を見るには見たのですが、あまりの暑さに次に来た時に行こうと見送った経緯があります^^;

IMG_0391.jpg
相変わらず歴史を感じます。
こちらのは宝永5年、1708年の勧請だとか。

IMG_0401.jpg
寄進者の芳名碑です。
ちょうど木漏れ日が降り注いで気持ちよかったです。

IMG_0403.jpg
敷地の一角には遊具がありました。
先述した熊野神社と比べるとだいぶ敷地が広いです。

IMG_0405.jpg
ママとぼくの広場だそうです。
神社で遊んだ記憶がないのですが、想像したら微笑ましいですね。

IMG_0404.jpg
社の全景です。
ここは夏場でも涼しいのかなとかってな想像をしていたのを思い出します。
…その分山の中ですので虫が凄そうですが。

今回はここで一度切りたいと思います。
次回の記事ではさらに川に沿って北上したところにある商店とその周辺の風景から再開したいと思います。
よろしければお付き合い下さいませ。

それでは、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

遅まきながら、田舎旅行お疲れ様でした。

普段、こういう景色を見ることは滅多にないので、画像越しですがとても癒しをもらうことが出来ました(´ω` ) どうもありがとうございます。

ところでAmazonって田舎でもちゃんと届けてくれるんですね。当たり前といえば当たり前ですが、なんだか感心してしまいました笑

それでは!

No title

あめまち様

コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまい本当に申し訳ないです。
できる事ならこういう場所に行って体験して欲しいものです。
田舎独特の落ち着いた雰囲気を味わうことが出来ますよ。
Twitter
解説記事リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム
何かありましたらこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。