スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と恋するポンコツアクマ。 バナーキャンペーン参加中

スミレ『僕と恋するポンコツアクマ。』応援中!

俺は未曾有の貞操の危機に陥っていた。
「お願い……! 後生だから……私に、おちんちんを触らせてっ……!」
 必死に俺のズボンを下ろそうとしている幼なじみによって。
「年頃のサキュバスなのにねんねちゃんなんて、恥ずかしくてお嫁にいけないし……!」
 どうも生まれた時からの幼なじみはヒトではなかったらしい。
――突然に押し込まれることになった学園の特設寮。
そこは見るも見事、聞くも見事な “ポンコツアクマ” たちを集めた女子寮だった。
「7月とは言ってもまだまだ冷える。 ぬくもりのお裾分けもらう。ぎゅ」
 ふにっふにのクラスメイトは極度の寒がりな雪女。
「動物っていいですよね? お洋服、着なくて許されるんですから。 はぁぁ~」
 窮屈なのが苦手で開放感を愛するまじめな後輩ミイラっ子。
「ひとつ屋根の下で暮らしてても、お兄ちゃんがイタしてる最中のラッキースケベもないし」
 フリーダムで全然慎ましくないブラコン駄天使。
「ものすごい精力増強剤が作れたら、どれだけの人が幸せになるか考えたことはないのかい?」
 エロい新薬開発に情熱を燃やす魔女先輩。
ポンコツな魔族たちの更生を目的として用意された学生寮。
そこへ手違いで入寮してしまった俺は、寮監の仕事を手伝うアシスタントとして置いてもらえることになった。
「じゃ、じゃあさ……? 蓮くんが、その、先生なら……。
 わたしたちの先生役も、蓮くんがしてくれるってことだよね……?」
こうして、この可愛くもどうしようもないポンコツアクマたちとの、健全なオトコのコとして幸せで困る日々が始まったのだった――

参加中です。
それでは、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
解説記事リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム
何かありましたらこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。