聖騎士セルシア ~悪辣たる姫君~ バナーキャンペーン参加中

『聖騎士セルシア ~悪辣たる姫君~』応援バナー

神々から与えられし “聖刻” を手に、聖騎士セルシアとその仲間たちは魔王ゴルザイルの討伐に挑んだ。
そして激戦の末 セルシアの兄・セニアが犠牲になるも、魔王を封印してこの世には平和が訪れた。
だが平和なひと時を感じたのも束の間、セルシアのもとに火急の伝令が舞い込んでくる。
それは、復興の道を歩んでいた近隣の町・アルトからの救援要請。
町は、オルオガというオークの首領が率いる盗賊団に襲われていた。
すぐさまセルシアと戦士アイッシュ、僧侶フィオルンは、数十名の騎士団員を引き連れてアルトへ向かい、
見事 襲い掛かってくる魔族を返り討ちにしてオルオガを撃退する。
町の住人は歓喜の声と共に騎士団を歓迎し、ささやかなもてなしとして宴を開いた。
そして、宴も最高潮に盛り上がっていた最中、絹を裂くような悲鳴がアルトの町に響く。
現場へ駆けつけたセルシアたちが見たものは、騎士団員が町娘を襲っている異常な光景。
団員は正気を失ったように目が血走り、人間のものとは思えない狂ったような声を上げると、その姿を異形の存在へと変貌させる。
そこへ突如として現れる、魔族の少女・ルキュス。 その正体はなんと、魔王ゴルザイルの娘だった。
ルキュスは人体変化の結界を町中に張り巡らせ、徐々に人間を魔族へと変貌させていたのだ。
打開策を見出せないセルシアたちに、ルキュスは一つの提案をする。
それは、ルキュスの指示に従えば結界の力を弱めるというもの。
聖騎士としての誇りを胸に、セルシアは武器を捨て、ルキュスの要求を受け入れる。
こうして、魔王の娘・ルキュスによる復讐という名の姦計が始まっていく……

参加中です。
それでは、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
解説記事リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム
何かありましたらこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示