メメント・モリ

メメント・モリ

作者:阪本葵様
原作:インフィニット・ストラトス
ハーメルン様にて連載中

現状読んでいるのは13話あたりまでです。
それを踏まえてお願いします。

織斑家は千冬と一夏と主人公である照秋。
一夏と照秋は双子の兄弟で弟が照秋という設定。
ISの世界大会で優勝した姉と幼少の頃から抜群の才能を発揮する兄。
それといつも比較される弟という構図。
一夏が誘拐された1年後から話が進行する。
一夏の時とは異なり助けに来なかった千冬。
実際のところいろいろとどうしようもない事情だったりがあったりしたがそんなことは知らない主人公。
そこから千冬、一夏と分かれて生活することに。

このSSの面白いところは他作品で完璧超人とされることの多い千冬が精神的に弱い存在とされいること。
束が常識人とされていること。
オータム、スコール、マドカが主人公陣営であること。
13話時点で一夏が徹底的に下げられている点。
この時点でタグの内容もあって一夏の正体に当たりがつけられそうですね。
あと個人的に挙げるとしたら箒がヒロインとして成立している点ですね。
他作品を読んでいても話を聞かず竹刀を振りかざしている印象しかなかったのでこれに関しては驚きです。
タグを見ると鈴の扱いがひどいそうですのでそこはどうなることやら。

原作キャラを下げてオリ主スゲーをする作品は本当に苦手だったあのですが、何事にも例外はあるようです。
現状楽しく読み進めてます。
よろしければぜひ。

それでは、また。

追記、切りました。
中盤から後半にかけてのハーレム展開が合いませんでした。
ハーレム展開にするならもっとその現状を受け入れるなりなんなりしてほしかった。
○○に悪いし、でも...みたいに流されてハーレム形成されてみたいな展開は嫌いです。
ハーレムにするなら流される主人公はダメですね。

ヤンデルイズ

ヤンデルイズ
ヤンデルイズ 2スレ目

ヤンデルイズ【現代編】 短編集

作者:YY様
原作:ゼロの使い魔
arcadia様にて完結済み
ルイズ サイト

ゼロの使い魔の逆光もの。
ヤンデレ。
原作でのアルビオンとの戦争、7万の大軍が迫る中、殿を任されたルイズの代わりにサイトが単騎特攻を仕掛けそのまま死んでしまったifの世界。
その後ルイズは生きることを諦め、1つのことを調べ続けた。

トリステイン王国公爵家三女、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
享年32歳。

過去の自分の行動を後悔しながら死んで、気が付いたら6歳当時の自分に逆行していた。
作品のテーマとして、進行事態は原作沿いだけど、とにかくルイズの行動指針がサイト至上主義。
自分のことも二の次、とにかくサイトが1番。
そんなルイズのお話です。

既に完結している作品ですので良かったら是非に。
それでは、また。

インフィニット・ストラトス Homunculus

インフィニット・ストラトス Homunculus

作者:ひわたり様
原作:インフィニット・ストラトス
ハーメルン様にて本編完結済み
ラウラ・ボーデヴィッヒ 織斑千冬

とある世界で作られた人造人間が主人公。
この主人公、作者の以前の作品の主人公だそうで。
その世界で自殺を試みた結果なぜかISの世界に。
死んで、それが神様のミスで土下座が一連の流れであるなか、数ある作品とは違う冒頭に興味を持って読み始める。
平行世界に移動してきたという設定みたいなので、なぜそうなったかの理由が後々明かされるといいな。

気が付いたら目の前には束、というのもよく見る展開。
とはいえ、そこで興味を持たれてどうのこうのという展開には持っていかなかったので評価が上がる。
そのあとは裏世界で行動し、IS世界での人造人間の研究をしている施設に。
そこでラウラと出会って、そこからはドイツ軍での話。

軍属になる前のラウラとオリ主が出会い、同じ環境で同じような境遇の2人が生活をしたらという話、というのが現状での感想。
作品全体に言えることだけど、誤字脱字が異様に多い。
それを見つけるたびに若干萎えるけど、神様転生+IS使える+束に気に入られる+IS学園へとしてないだけで十分読んでいいと思える辺りどうなのと。
いや、ラウラ好きにはたまらない小説だと思うし、作品として個人的には好みですが。

話の内容も現状IS学園に来てますが、生徒として入っているわけでもないですし今までの作品とは異なる印象。
今のところラウラとは軍での同僚で恋人未満、束とは最初の顔合わせ以来繋がりなし、千冬とは友人というような感じ。
ワンサマさんとは誘拐されたときに顔を合わせてそこから学園まではなし。
現状ほとんどを軍での話が占めます。
今後どうなっていくのか、少なくとも今現在切る気はないですね。

もし興味があれば是非。
それでは、また。

もしもな世界のラウラさん

もしもな世界のラウラさん

作者:キラ様
原作:インフィニット・ストラトス
ハーメルン様にて投稿、当初の構想は完結済み
ラウラ・ボーデヴィッヒ 織斑一夏 織斑千冬

ラウラをヒロインとして焦点を当てた短編もの。
一応連載形式で投稿されているのでカテゴリは長編小説 忘備録に。
軍隊で落ちこぼれ、原作とは異なりそこから立ち直ることが出来なかったら?というifもの。
中学2年の一夏はその時初めてラウラという少女と出会うと。
そこからの交流を小説にした作品。
当初の構想ではIS学園入学までだったが、形にできそうとのことで現在学園編も執筆中。
ISの二次小説なのにISが出てこないとかラウラ以外のヒロインが出てこないとか突っ込まない。

ラウラと一夏の交流、そこに焦点を当ててそこのみを書き切った作品。
最近の長編ものは総じてどこかで見たことがあるような展開をなぞるものが多かったのでその時点で個人的評価が上がる。
俺が○○を守る!!だとかうぉぉぉぉぉぉ!!だとかいう展開が無いのもポイント。
友人曰く、口だけで実力が伴ってないやつが大言を言う展開が1番嫌いとのことで。
友人の主張に共感できる方にはお勧めできるかと。
・・・そもそも学園編までは戦闘シーンないし。

学園編はこの記事を書いている時点で4話投稿済み。
5話で構想が出来ているそうなのでひとまず5話が投稿されたら学園編も読んでみようと思います。
短編は短編で作者が書きたかったものがこれでもかと書かれ、余分なものが無いっていうところが良いですね。
ISの二次小説で読み切れそうなのは久しぶりじゃないだろうか。

それでは、また。

紅 弐式

紅 弐式

作者:羽様
原作:紅
arcadia様にて投稿、完結済み
メインキャラクター

紅の新刊が発売されるかもしれないということで読み返した作品です。
珍しい紅の二次創作、原作終了後の話です。
知識として最低限アニメ、できることなら原作すべての知識がほしいところ。
冒頭とプロローグでいきなりオリジナルキャラクターが登場しますが、そこはまぁ話の性質上重要なので仕方ないとして。
時系列は原作である紅 〜醜悪祭〜(下)以降の話となります。
最初の2話を超えた後の回想編が本編。
冒頭で原作時から10年ほど経過したときの話が展開されてそこから回想編として原作から3年程度後の話が展開されるという流れ。
完全にオリジナル展開で紫の1人勝ちですが、銀子や夕乃といった原作ヒロイン組みにも焦点が当たっています。
ご都合主義だとかそれはねーよだとかそういう点が気になる方は難しいかもしれませんが、普通に楽しめるかと。

珍しい紅の二次小説で完結済みですのでよろしければ是非に。
それでは、また。
Twitter
解説記事リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム
何かありましたらこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示