サモンナイト6の話

うーん。
皆様御機嫌如何?暇人です。

先日購入したサモンナイト6、ストーリーもいよいよ終盤まで持ってきました。
よく言えばお祭りゲー、悪く言えば一見さんお断り。
個人的にはこういった歴代キャラ大集合は地雷だと思っているのですが、今回は悪い予感が当たりつつあります。
普通にサモンナイト歴代シリーズをやってきた方は十分楽しめるでしょうが。
閑話休題。
システム面の話。
フルボイスじゃなくパートボイスなのに驚く。
まぁ、ここまでの声優を揃えてフルボイスにしたら予算がドエライことになるのは分かりますけどね。
グラフィックは普通にいいと思います。
フィールドとかも綺麗で、順当に進化してきたなーと思う限りで。
戦闘面の話。
移動が少々面倒。
十字キーとアナログスティックで移動で自由に移動できますが、結局は1マスに1キャラですし。
だったら最初から自由移動じゃなく、移動先を指定するだけとかで良かったのに。
あと、基本的に使うキャラが決まってくるのでキャラセレ画面でレベル1の歴代キャラが並ぶ羽目に。
経験値とスキルポイント制は相変わらずグッド。
メイスは鈍器、召喚士は物理特化。
こんなことも出来る、そう、サモンナイトならね。

閑話休題。
歴代キャラ同士の掛け合いは、その作品やキャラの関係図を理解しているなら面白い。
それらを全く知らないなら本当に置いてけぼり。
ただ、掛け合いとストーリーの整合性がなぁと思うところもあります。
ストーリーであなた方を監視するためにスパイの真似事をしてました、と言っていたキャラが次の章の掛け合いで仲間を信じることの大切さを他キャラに説いたり。
おいおい、貴方が言うのか。
それは何か?主人公は仲間じゃないとでも?とか思って笑ってしまったり。

評価の悪かったサモンナイト5、個人的には普通に楽しめました。
サモンナイト6は最初から分かってましたが個人的にはいまいちです。
やはりやるからには、歴代キャラに頼ってファンに媚びるのではなく新キャラでキチンとしたシナリオで作ってほしかったですね。
最初からお祭りゲーだとわかってはいたので、結局のところ自業自得の不満ではありますが。

そんな感じです。
カイルをひたすら強化、最近はアズリアも強化してます。
早くスカーレル使用可能なパッチを。
夜会話の追加を。
出来るならヤードも頼む。
それでは、また。

骨のある奴はいねぇのか!

おかしい。
皆様御機嫌如何?暇人です。

サモンナイト3の登場人物である海賊一家の元締め、カイル。
思い入れの強いキャラだったので使いまくってました。
CdeQ2JqUYAAcYCb.jpg

CdeRJ_gUIAAqAla.jpg

夜会話もこなし、
CdREc0eUIAw_kxc.jpg

戦闘にも出し、移動する際に随行するコネクトや共闘システムのサモンアシストなんかをやりまくった結果……
ヒロインそっちのけで好感度がうなぎ登り。
おかしいな、男同士のキャラエンドに全力で走りそうなわけです。
まあ、回収はしますが。
CdoqC_tUkAAnNl6.jpg

そんなこんなでしっかり楽しんでいます。
それでは、また。

Lost Borders

進撃の巨人を終わらせました。
皆様御機嫌如何?暇人です。



進撃の巨人のストーリーモードである、進撃モードを終わらせました。
今日、仕事帰りの電車の中で。
これ、時間をかければトロフィーフルコンプも難しくないですね。
あくまでもアニメ1期の再構成なのでボリューム不足感はありますが、個人的には楽しめました。



慈悲無き世界へ挑むモード。
......マゾゲー大好き暇人さん、超惹かれる。
wikiとかを見る限り、棒立ちの巨人は皆無で決戦の狼煙やブレードとガスの交換のタイミングとかにも気を使う難易度だとか。
......やりたい。

そんな気持ちをグッと抑えて、次のゲームです。
帰宅後に予約していた店に引き取りに行ってきました。



本日発売のサモンナイト6です。
きちんと15周年記念豪華パックで買いました。
モード解放や入手系のプロダクトコードはバンバン使います。
あくまでも早期解放系は使わないってだけなんで。
さてさて、今日からはフィルージャでの冒険に行ってきます。
シガンシナ区に戻るのはしばらく先になりそうです。

それでは、また。

オーディンスフィア 感想

今日から複数回に分けて書こうと思います。
皆様御機嫌如何?暇人です。

2016-01-14-203950.jpg

皆様が子供の頃に読んだ絵本や童謡。
ワルキューレ、魔王、死の女王、魔法、姿変化の呪い。
そういったどこか懐かしい要素を2D横スクロールの世界に詰め込んだものが、今作オーディンスフィアです。
その特徴として挙げられるのは、まず何と言ってもゲームの雰囲気。
絵本の世界をそのままゲームにしたような、どこか懐かしい印象を受けます。

2016-02-02-204308.jpg

2016-02-03-142410.jpg

2016-02-03-143649.jpg

そして、もうひとつ特徴として挙げさせていただくなら、複数の主人公で構成されている点でしょうか。
オーディンスフィアの世界を探訪する目となり手となるご自身の分身、最初に選択できるのはワルキューレのグウェンドリンです。
彼女を通してオーディンスフィアの世界を探訪する訳ですが、ここで活きてくるのが先ほど挙げた複数主人公の特徴です。
1つの物語を複数の主人公の視点で俯瞰的に捉えることができる訳です。
とある主人公の視点で見るとただの敵国の魔剣使い、しかし、その魔剣使いの視点で同じ物語を見るとまた違った印象を得ることができます。
それぞれのキャラ、それぞれの国に思惑があり、それに沿って行動する。
それら各国の思惑や各キャラの意思を知ることで、より深くその物語を理解できる。
素晴らしい手法だと思います。

主なシステムやゲームの流れはまた次回以降に。
興味を持てたなら嬉しいです。
これをきっかけに実際にやってみていただけたなら、それに勝る喜びはありません。

それでは、また。

オーディンスフィア

仕事の合間にコツコツと、決してサボってるわけじゃない。
皆様御機嫌如何?暇人です。


ゲームを始める時は基本最大難易度、どんなゲームもマゾゲー化させる派な私。
ですが、今回はどのくらい時間を確保できるか分からなかったので屈辱ではありますが低難易度で。
お陰様で、4時間程度のプレイ時間でヒールはまだ1回も使ってない有様。
まぁ、もともと使うようなゲームでもない気もしますが。

2...2周目は最高難易度でやるから。
それでは、また。
Twitter
解説記事リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム
何かありましたらこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示