東方遺骸王

東方遺骸王

作者:J・リッチマン様
原作:東方Project
ハーメルン様にて連載中

目覚めたらそこは閉ざされた石室。
驚いてあげた声は聞き覚えのないしゃがれた声。
襤褸をまとったミイラのような体。
そんな感じの始まり。
どうしてこんなことになっているのか分からず、なぜか光る右手の明かりを頼りに辺りを調べ始める導入部。

原初の力が使える主人公。
原初の力とは望んだ願いを世界に反映させる力。
最初にした願いは全能の神を顕現させること。
助けてもらうつもりで出したはいいが、原初の力を用いで自身が生み出したためにあまり現状の役には立たず。
とにかく元の世界に戻るために、巨大な輝く星が浮かび大地には豊かな水が広がるといわれる外界に旅立つことに。
生み出した神に神綺という名と以後この世界を管理する役目を授けて旅立ったはいいものの、そこはカンブリア紀の地球で。

以後の展開はとにかく戻ろうとするも戻れない原状。
とにかく自分の体のことなどを調べていく。
その結果、自身の腕から立ち上る原初に力に似た『何か』を取っ掛かりに魔法の研究を始めていく。
自分の体を調べた結果、よっぽどのことがない限り死なないと確信し、試行錯誤を繰り返しながら研究を続けるといった感じ。
当面の目標は神綺のいるもとの世界に戻ること。
最終目標は落ち着いてゆっくりと眠れる環境を構築すること。
そんな感じ。

文体は非常に読みやすいです。
また、話の中心となるのが魔法研究の過程とその結果。
いろんなことに挑戦します。
その挑戦の過程も一直線に成功に向かうわけでなく、失敗したり試行錯誤を繰り返している点もいい。
1点言わせてもらうならば、別に東方でやらなくてもよかったのではないかという点。
3章の途中まで読んだけども、未だに東方でなければいけない要素が見当たらない。
魔法の設定や解釈などかなり考えていることが読み取れる作品なので、オリジナルでやってもよかったのではないかと思う。
そこだけ気になりました。

話の構成上どうしても説明っぽくなってしまいます。
また、私が考えた○○を使えば・・・みたいなチート系の作品に見られる展開が多いです。
チート能力だけもらって無双してドヤ顔をかます残念オリ主とは違い、自分の研究成果とかなのでまだなんとか読めますがそんな展開が苦手な方はご注意を。

合う人にはとことん合うんだろうなという印象を感じた作品でした。
それでは、また。

メメント・モリ

メメント・モリ

作者:阪本葵様
原作:インフィニット・ストラトス
ハーメルン様にて連載中

現状読んでいるのは13話あたりまでです。
それを踏まえてお願いします。

織斑家は千冬と一夏と主人公である照秋。
一夏と照秋は双子の兄弟で弟が照秋という設定。
ISの世界大会で優勝した姉と幼少の頃から抜群の才能を発揮する兄。
それといつも比較される弟という構図。
一夏が誘拐された1年後から話が進行する。
一夏の時とは異なり助けに来なかった千冬。
実際のところいろいろとどうしようもない事情だったりがあったりしたがそんなことは知らない主人公。
そこから千冬、一夏と分かれて生活することに。

このSSの面白いところは他作品で完璧超人とされることの多い千冬が精神的に弱い存在とされいること。
束が常識人とされていること。
オータム、スコール、マドカが主人公陣営であること。
13話時点で一夏が徹底的に下げられている点。
この時点でタグの内容もあって一夏の正体に当たりがつけられそうですね。
あと個人的に挙げるとしたら箒がヒロインとして成立している点ですね。
他作品を読んでいても話を聞かず竹刀を振りかざしている印象しかなかったのでこれに関しては驚きです。
タグを見ると鈴の扱いがひどいそうですのでそこはどうなることやら。

原作キャラを下げてオリ主スゲーをする作品は本当に苦手だったあのですが、何事にも例外はあるようです。
現状楽しく読み進めてます。
よろしければぜひ。

それでは、また。

追記、切りました。
中盤から後半にかけてのハーレム展開が合いませんでした。
ハーレム展開にするならもっとその現状を受け入れるなりなんなりしてほしかった。
○○に悪いし、でも...みたいに流されてハーレム形成されてみたいな展開は嫌いです。
ハーレムにするなら流される主人公はダメですね。

ヤンデルイズ

ヤンデルイズ
ヤンデルイズ 2スレ目

ヤンデルイズ【現代編】 短編集

作者:YY様
原作:ゼロの使い魔
arcadia様にて完結済み
ルイズ サイト

ゼロの使い魔の逆光もの。
ヤンデレ。
原作でのアルビオンとの戦争、7万の大軍が迫る中、殿を任されたルイズの代わりにサイトが単騎特攻を仕掛けそのまま死んでしまったifの世界。
その後ルイズは生きることを諦め、1つのことを調べ続けた。

トリステイン王国公爵家三女、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
享年32歳。

過去の自分の行動を後悔しながら死んで、気が付いたら6歳当時の自分に逆行していた。
作品のテーマとして、進行事態は原作沿いだけど、とにかくルイズの行動指針がサイト至上主義。
自分のことも二の次、とにかくサイトが1番。
そんなルイズのお話です。

既に完結している作品ですので良かったら是非に。
それでは、また。

インフィニット・ストラトス Homunculus

インフィニット・ストラトス Homunculus

作者:ひわたり様
原作:インフィニット・ストラトス
ハーメルン様にて本編完結済み
ラウラ・ボーデヴィッヒ 織斑千冬

とある世界で作られた人造人間が主人公。
この主人公、作者の以前の作品の主人公だそうで。
その世界で自殺を試みた結果なぜかISの世界に。
死んで、それが神様のミスで土下座が一連の流れであるなか、数ある作品とは違う冒頭に興味を持って読み始める。
平行世界に移動してきたという設定みたいなので、なぜそうなったかの理由が後々明かされるといいな。

気が付いたら目の前には束、というのもよく見る展開。
とはいえ、そこで興味を持たれてどうのこうのという展開には持っていかなかったので評価が上がる。
そのあとは裏世界で行動し、IS世界での人造人間の研究をしている施設に。
そこでラウラと出会って、そこからはドイツ軍での話。

軍属になる前のラウラとオリ主が出会い、同じ環境で同じような境遇の2人が生活をしたらという話、というのが現状での感想。
作品全体に言えることだけど、誤字脱字が異様に多い。
それを見つけるたびに若干萎えるけど、神様転生+IS使える+束に気に入られる+IS学園へとしてないだけで十分読んでいいと思える辺りどうなのと。
いや、ラウラ好きにはたまらない小説だと思うし、作品として個人的には好みですが。

話の内容も現状IS学園に来てますが、生徒として入っているわけでもないですし今までの作品とは異なる印象。
今のところラウラとは軍での同僚で恋人未満、束とは最初の顔合わせ以来繋がりなし、千冬とは友人というような感じ。
ワンサマさんとは誘拐されたときに顔を合わせてそこから学園まではなし。
現状ほとんどを軍での話が占めます。
今後どうなっていくのか、少なくとも今現在切る気はないですね。

もし興味があれば是非。
それでは、また。

【IFルート】モバP「親しい異性に嫌われる薬?」 

【IFルート】モバP「親しい異性に嫌われる薬?」 

多謝、エレファント速報

露骨な暴力、いじめ描写あり。
バッドエンド。
閲覧注意。


悪夢再び。
前回紹介したSSのifルートです。
基本的な設定は全く同じ。
前回と異なる点は1つ。
薬の効果を受けなかった人がいない点。
それまで親しくしていた人に露骨に嫌われ、避けられ、暴言を吐かれ。
ただただ追い詰められていく描写が続きます。
最後はバッドエンドで終わるので胸糞展開でもあります。
作者が書きたかったものらしいのですが、その展開には賛否両論あります。
・・・SSなんだから作者の好きなように書いたらいいと思うんですがね。

前作が肌に合った方は是非に。
それでは、また。
Twitter
解説記事リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム
何かありましたらこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示