スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風来のシレン4

武器強化キチです。
皆様御機嫌如何?暇人です。

風来のシレン、チュンソフト時代から現在まで続く傑作シリーズですね。
ひょんなことから今、シリーズナンバリング4作目のPSP移植作に手をだしておりまして。
メインシナリオそっちのけで武器強化に勤しんでおります。
未だに中ボスすら倒しておりません。
異種アイテムを合成出来るモンスターが出る、ダンジョンの26Fまで登り撤退を繰り返してます。




現時点で武器はこんな感じです。
多分中ボスくらいならゴリ押しすれば勝てるとは思ってるんですが。
とりあえず中ボスに挑むのはこれらの武器を最終段階まで成長させて強化値をカンストさせてから考えます。

それでは、また。

slidebg660_帝国少年

友人向けのファイル配布です。
皆様御機嫌如何?暇人です。

以前からやりたいと思っていたCTFの改造がある程度形となりました。
友人向けに作っていたので一度ここで公開します。
今後の変更は特に予定していません。

CTFはTSENEDA様が作成したSlidebg660.ctfをベースに作成しました。
オリジナル版はこちらからダウンロードできます。
壁紙はすべて帝国少年様のイラストを使用しています。
壁紙のスライドパターンはこんな感じです。


変更点は以下の通りです。
・PSP起動時の文字の変更
・壁紙5枚の変更
・文字入力時の壁紙変更
・操作音の変更
・gameboot.pmfの変更

CTF適応時のスクリーンショット。
0_20150127214429505.jpg

1_20150127214432b49.jpg

2_20150127214435201.jpg

3_201501272144340b0.jpg

4_20150127214436c70.jpg

5_20150127214456024.jpg

6_20150127214457268.jpg

7_20150127214459b48.jpg

ダウンロードはこちらからできます。
パスワードは teikoku です。

それでは、また。

CTFテーマ 壁紙差し替え

久しぶりのPSP関連記事。
皆様御機嫌如何?暇人です。

昨日のテストは文句なしの出来で、単位認定はもはや確実。
そんなこともあってか、深夜に以前から考えていたCTFテーマの改変をちょっとやってみました。
元としたCTFテーマはTSENEDA様作成のSlidebg660.ctfを使わせていただきました。
オリジナルのCTFはこちらからダウンロードできます。

さて、まずCTFテーマとはなんぞや?という方向けの説明から。
CTFテーマとは、CFW/LCFW状態の所謂改造されたPSPで適応させることが出来るカスタムテーマのことです。
従来のPTFテーマとは異なり、ゲームのブート画面からアイコン、アニメーションに至るまで様々なところを変更することができます。
実際にCTFテーマが動作している状態はこんな感じとなります。


CTFの元ネタはペルソナ3、製作者は今回私が差し替えCTFを作ったSlidebg660を作成したTSENEDA様です。

閑話休題。
今回私がやったのは、元からCTFテーマに組み込まれていた壁紙を別の壁紙に差し替えること。
デフォルトのgamaboot、ゲーム起動画面はあまり好みでないので別のものに差し替えること。
ひとまずこれをやりました。
画像は5枚、帝国少年様のイラストをリサイズして使用。
減色処理をして組み込んだはいいものの、一部画像が認識されない。
ツールを変えても変化はあまりなかったので、組み込む順番を入れ替えてみるとすんなりすべて認識。
ファイルは同じなのに認識したりしなかったりで、少し困惑。

次にyoutubeで拾った動画を元にgameboot.pmfを作成。
そのままだと再生時間の関係で途中で途切れるので、PSPのflash0からopening_plugin.rcoをコピー。
ファイル保護を解除してPSPの某ツールを使って編集できる状態に変換。
ledaを使えばPSP-3000でも使えるんですね。
動画の長さをミリ単位でみて、opening_plugin.rcoを編集。
動画再生時間をいじってCTFテーマに同梱。
いろいろとやった結果がこんな感じに。
iphoneでの直撮り、スライド部分とゲーム起動画面のみを切り出した動画です。


個人的には大満足。
あとは操作音などの音関係をいじりたいなと漠然と思っています。

久しぶりのPSP記事でした。
それでは、また。

レトロゲームの魅力

話の流れで再度。
皆様御機嫌如何?暇人です。

先日友人と話している時にジルオールの話題になりました。
私はPSP版のジルオールでクリュセイスの解放軍の一連のキャライベントが好きでして。
こう、非市民というだけで歪めて見てしまう。
そんな感じだったのが現実を知り誤解に気づき後悔しながらも進んでいく様が好きなんですよ。
一方でジルオールにほとんど手を出さずやっているのを横目で見ていた友人には体操受けが悪いようでして。

色々討論しているうちにその友人とゆっくりやろうという話になりまして。
ひとまず今日急いで途中まで進めていたデータをロードしてクリアデータを作ってました。

ルルアンタ、マジ、天使。

2周目からはPSPだとエンディングフラグが重複する場合選択出来たりと色々と恩恵があるので。
多少でも選択肢がある方が良いかなと。

フェティ様、マジ、ババア。

と、そんなこんなで久し振りのレトロゲームを楽しんでいます。
皆様のお気に入りのゲームは何ですか?

それでは、また。

ときめきメモリアル2

やはり私のゲーム史の重要な個所を占める作品です。
皆様御機嫌如何?暇人です。

私は自他ともに認めるときめきメモリアルシリーズのファンです。
GSシリーズには手を出してないし、本家シリーズの3も1人クリアしてそれ以降手つかずですのでメモラーは名乗れませんが。
それでも無印はPCエンジン、スーファミ、GBC、PS、PSアーカイブ、PSPと手を出してオールクリアしてきましたし、
2にしても無印、ベスト版、PSアーカイブとオールクリアしました。
もちろん4も購入してオールクリア、最近ではスロット版も実機を購入して触ってます。
これはファンを名乗ってもお叱りはそうこないだろうと思ってもいいですよね。

閑話休題。
そんなこんなで以前からちらほらツイッターでは2が久しぶりにやりたいと度々口にしていました。
来週には早い講義では繰上げ試験も始まることですし、まとまった時間が取れるのもそうないかと思いまして。
昨日、PSVitaに入っていたセーブデータをPCに移してPSPに移してアーカイブ版を起動して久方ぶりにプレイしました。
やはり今のノベルゲームのように読み進める、選択肢でしか技術介入できないゲームとは違いますね。
狙ったヒロインのエンディングに到達するためにパラメータを調整する愉しさ。
イベントを回収するためにセーブ&ロードを繰り返す愉しさ。
今のエロゲ、ノベルゲームが全盛の時勢にはこんなゲームシステムは古いのかとしんみりもしましたが。
それでもやはりこのゲームはいいものです。
4の発売からもう何年になりますか。
全く音沙汰なく、20周年も特に何も動きがなかったんですが、それでも私は5の制作発表を待ちます。
もしくは過去作品のリメイク。
せめて移植でもいい。
本家シリーズが死んでないことを知らしめて欲しい。
そう願いつつ久しぶりにときメモを扱った記事としました。
ときメモシリーズに触ったことがないという方、よろしければ今後のプレイ予定に追加してみてください。

本当はスクリーンショットを交えつつ記事を書くのがいいのですが、ゲーム進行が愉しくてすっかり忘れてました。
皆様にも思い出のゲームがあるのでしょうか?
もしあるのでしたら久しぶりに触ってみては如何でしょう。

久しぶりにやることでまた違った愉しさを再発見できるやもしれません。
よろしければ是非ご一考をば。
それでは、また。
Twitter
解説記事リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム
何かありましたらこちらまでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。